ExcelシートからQRコードを大量生成するPythonスクリプト

QRコード生成APIのローカル版。

このページではExcelシートからQRコードを生成するAPIをローカルで使えるようにしたPythonスクリプトのソースコードをダウンロードできます。機能の詳細についてはAPI版の解説をご覧ください。

どこの馬の骨ともわからないサーバーにファイルをアップロードしたくないという方は、少々手間がかかりますが、こちらをご利用ください。ソースコードが見えますので安心です。ローカル版にはAPI版にあった件数、容量の制限は一切ありません。

API版はこちら。

使用方法

1.次の外部モジュールが必要です。pipでインストールしてください。

  • qrcode
  • openpyxl
  • pillow


2.ページ下部のダウンロードボタンからzipファイルを入手して展開します。

サンプルのExcelファイルとソースコード(pyファイル)があります。

qr_local1.png



3.ソースコードの次の部分を書き換えます。

~ 省略 ~
import openpyxl as excel
from PIL import ImageFont, ImageDraw

# ↓ここをあなたの環境に応じて書き換え↓
EXCEL_FILE_PATH = os.path.join(os.path.dirname(__file__), 'saitama_city.xlsx')
FONT_SIZE = 14
FONT_PATH = 'C:/Windows/Fonts/meiryo.ttc'
# ↑ここをあなたの環境に応じて書き換え↑

wb = excel.load_workbook(EXCEL_FILE_PATH, data_only=True)
ws = wb.active
~ 省略 ~

各定数の意味は次のとおりです。

EXCEL_FILE_PATH : 処理するExcelファイルのフルパス
FONT_SIZE  : 名称を表示する場合の文字サイズ
FONT_PATH : 名称を表示する場合のフォントのファイルのフルパス

Windows環境の方は書き換えなくても動作するはずですので、そのまま次の手順へすすみ動作確認してみてください。


4.ターミナルからpyファイルを実行します。
※pyファイルがPythonと関連付けてある(画像のようにアイコンがPythonになっている)場合はpyファイルをダブルクリックするだけでOKです。

python C:\Users\Ore\Desktop\qr_code_generator.py

pyファイルと同じ場所にqr_code_result.zipというファイルができます。展開すると、Excelシートのデータを元に生成したQRコード画像があります。

qr_local2.png

qr_local3.png


5.Excelファイルをあなたが必要とする内容へ書き換えてお使いください。
Excelファイルの入力規則についてはAPI版の解説を参照ください。

ファイルを入手する

利用上のご注意
  • ダウンロードしたファイルを利用したことにより生じた結果については、利用者ご自身に責任を負っていただきます。
  • ご利用前に使用方法をご確認ください。
  • 当方は成果物の正確性について最善を尽くしますが保証はいたしません。
  • Windows10-64bit Excel2016-32bit環境でのみ動作確認済み。

qr_code_generator.zip

DOWN LOADボタンが押下された時点で注意事項に同意したものとみなします。

補足

Windows環境で.pyファイルのPythonランチャへの関連付けがされている場合は、ソースコードを変更することなくファイルをドラッグ&ドロップでどしどし処理できるようになり便利です。

sysモジュールをimportしてファイルパスを次のコードに置き換えます。

EXCEL_FILE_PATH = sys.argv[1]

これでExcelファイルをPythonスクリプトにD&DするだけでQRコードが作成されます。詳しくは次の記事でご確認ください。

related pages
この記事の
作成日

2020-01-31

更新日

2020-07-02

ページ内検索
目次
WEB MASTER
さいた
神エクセル撲滅協会理事(自称)
さいたま市民 埼玉こそ地上の楽園