Python

Python

PCのカメラでISBNコードを読み取りExcelに書籍リストを作る

国立国会図書館が運用する国立国会図書館サーチAPIは一般的なREST APIでエンドポイントにパラメーター付きのHTTPリクエストを送信するとパラメーターに応じた処理をした結果が返ってきます。今回はバーコードリーダーで読み取ったISBNでこれを使って書籍情報を取得します。
Python

PCのカメラでQRコードを読み取りPythonに取り込みHTMLで表示する

Pythonでバーコード、QRコードを読み取るのはすこぶる簡単ですが、その結果をリアルタイムに表示させる方法には一考の余地があります。Excelシートへの表示、HTMLとAjaxでの表示をやりましたが、今回はHTML方式を発展させて、WebSocketを使った高速リアルタイム更新で物品管理チックなことができるようにします。
Python

PCのカメラでバーコードを読み取りExcelに取り込む

VBAではバーコードの扱いは何とかなるにしても、カメラは絶望的です。世界は広いのでVBAから使えるカメラ制御DLLがあるのかもしれませんが、あったとしても私の技量では扱える気がしないので早々にあきらめ、Pythonでやります。
Python

VBAでファイルを開くのが遅すぎるのでPythonで無理矢理に高速化する

我々VBAerにとっては周知の事実ですが、Excel-VBAで時間がかかる処理と言えば、「ワークシートへのアクセス」と「ファイルを開く」です。Pythonでデータ取得してVBAでExcelへ取り込むことでファイルを開く処理を高速化します。
Python

フォルダ内の不必要なファイルを一掃する

社内の共有フォルダなど、複数人が使用する環境あるあるとして、関係のないファイルがいつまでも放置される問題がありますよね。人間が削除していくと「これはまだ使いそうだから本人に確認しようかな?」といった雑念が入り込み作業を邪魔します。そこで血も涙もないコンピューターの出番です。
Python

ExcelをPostgreSQLへ変換するPythonスクリプト

ExcelシートをSQLiteへ変換するスクリプトを作りましたが、完全にアプリの中にデータベースを組み込めないのであれば、素直にサーバー型のデータベースにした方がいいですね。ということで私はPostgreSQL派なので、先のスクリプトをPostgreSQL用に書き換えました。
Python

Pythonにドラッグ&ドロップでファイルをわたす超簡単な方法

PythonとExcelをハイブリッドに駆使するという当サイトのコンセプト上、ExcelブックをPythonスクリプトにわたさなければならない機会が多々あります。順当にやるならパスを引数にしてわたす方法ですが、もっと超絶簡単にできるんです。
Python

ExcelをSQLiteへ変換するPythonスクリプト

SQLiteをはじめとしたデータベースはプログラマーではないユーザーが直接操作をするのが難しいというデメリットがあります。故にUIを用意して、それを操作してもらう仕組みにするのがセオリーだと思います。これってすごい面倒なんですよね。Excelから一発でデータベースに変換できたら便利だね、というお話です。
Python

ExcelブックからPythonでメールを送る

当然といえば当然なのですが、Pythonでメールの送受信をすることができます。それもBattery Includedの理念にあるように、標準モジュールのみの構成で実現できます。ここに神ツールOpenPyXLを組み合わせると、Excelシートにあるメールアドレス一覧へ片っ端からメールを送信するスクリプトができあがります。
Python

結合セルで集計できない表を何とかする

セルの結合は使ったその瞬間から「データとしての価値」がなくなります。Excelは結合されたセルが同じ値をグループ化したものだとは認識しません。集計などの計算をしたり、データベースとして使用したりするためには表が正規化されている必要があるのです。