Excelでの作業を加速するマウス

PCに付属してきたマウスは窓から投げ捨てろ!

あなたはPCのマウスは、どのようなものをお使いでしょうか。メーカー製やBTOのPCであれば、付属してきたマウスをそのままお使いの方が多いのではないでしょうか。職場であれば尚更その傾向が顕著なはずです。それで何も問題がないのでわざわざ別のマウスに変えようとも思わないでしょう。

意識していない方が大多数だと思いますが、人間とコンピューターをつなぐインターフェイスであるマウスやキーボードは実はPC作業の効率に大きく影響する要素なのです。

究極のインターフェイスは人間が考えただけでコンピューターに伝わる脳波インターフェイスでしょうが、まだ一般的な技術ではありません。そのため現状は仕方なく変換効率の大幅に劣るマウスやキーボードを介していると言えばわかりやすいかもしれません。

【理想】 脳→PC

【現実】 脳→手→マウスorキーボード→PC

よって、途中の変換効率を上げることができれば、全体の効率も向上します。

ハイエンドマウスのすすめ

どの分野でもそうであるように、マウスにも「ハイエンド」クラスの製品が存在します。そしてPCに付属してくるマウスはご想像の通り「ローエンド」です。

ハイエンドとローエンドの違いは何かというと、もちろん素材からして差がありますが、一番の違いはボタンの数とそれを制御するアプリの性能です。これらにより、ローエンドとは天と地の入力効率をハイエンドマウスは提供してくれます。

今回は、私が使っている「Excelでの作業を加速するハイエンドマウス」をご紹介します。ちなみに、私はもうPC付属の安物マウスには戻れないので、職場にも勝手にそれを持ち込んでこっそり使っています。

Logicool MX Master

私はここ4世代くらい自作PCなので、マウスは自分で調達するのが当たり前になって久しく、その間いろいろなメーカー、機種を渡り歩いてきましたが、たどり着いた答えがLogicool MX Masterシリーズです。

mouse0.jpg

現時点(2019.11)でシリーズ第三世代のモデルになっており、デザインが大きく変更されています。写真の私が使用しているのは第二世代です。ダメになったら買い換えます。


この機種のハードウェア面でもっとも特徴的なのは、側面ボタンの横についている「サムホイール」です。一般的なマウスの左右のボタンの真ん中についているアレが側面にもあります。

mouse6.jpg

このホイールを回すことでExcelワークシートを横方向へスクロールできます。

通常、横方向へのスクロールは画面下のスクロールバーでやるか、矢印キーでアクティブセルを横へ送っていくかすると思いますが、サムホイールならマウスポインタを移動することも、キーボードにさわることもなく、すぐさま横スクロールできます。

Excelファイルを開いたら、そのままマウスから手を離すことなく画面横へ切れている表をスクロールして全体を確認できます。これが便利で、このためだけにでも買ってもいいかなと思います。

続いて今やどのマウスにも標準装備となっている、スクロールホイール(縦方向)ですが、この機種ではラッチの有無を任意に切り換えられます。スクロールボタンの下がラッチ切り換えボタンです。

mouse7.jpg

ラッチを有効にしておくと、ホイールがカチッカチッと段階的にクリック感を伴って回るので、狙ったところに止めやすくなります。通常の作業はこっちがやりやすいです。

ラッチを外すと、無段階で回るようになり、高速スクロールができます。Excelワークシートでラッチなしフルパワーで回して惰性で止まるまで放置してみたところ6000行ほどスクロールできました。縦に長いログ系のデータを扱う際は重宝します。

ラッチの有無はアプリの設定によりスクロールホイールを回した量によって自動で切り換えるようにすることができます。閾値が自由に調節できるので、意識することなくラッチスクロールと無段階高速スクロールが切り替わるようにできます。

なお、この機種ではスクロールホイールを横へ倒して横スクロールさせる機能はありません。あれの操作性は最悪で、まともに横スクロールできたことが私の記憶にはありませんので、なくて問題ないですね。


ボタン割り当てや各種機能の設定はLogicool Optionsというアプリで行います。ボタンは全部で7個あり、左右ボタンを除く5個は自由に機能を割り当てできます。

mouse1.png

スクショの右上を見てもらうとExcelのアイコンがあります。これはボタン割り当てはアプリごとに設定、保存でき、そのアプリを使用しているときは、自動で対応した設定が適用されるからです。今表示しているのはExcel用の設定ですよという意味です。複数アプリを同時使用していても切り換えに問題ありません。

私の場合、Excelのボタンアサインは次のようにしています。

mouse2.png

mouse3.png

側面ボタンでコピペができます。キーボードで操作したほうが早いとは思うんですが、マウスだけで済ませたいときありますよね。メニューを呼ぶこともなく片手で操作できるので便利です。

ボタンへの割り当ては、あらかじめ用意されている機能を選択肢から選ぶだけです。また任意のキーの組み合わせを登録しておいて呼ぶこともできます。

写真ではわからないと思いますが、親指が位置するあたりにクリック感があり、ここがボタンになっています。このボタンは押しながらマウスをうごかすことで割り当てた機能を実行できる、ジェスチャーボタンです。上下左右と押したときの5種類の機能を割り当てられます。

mouse4.png

私のアサインはこうです。

mouse5.png

上はVBE起動、下は保存のショートカットキーです。残念ながら、ジェスチャーボタンの操作性はイマイチなので頻繁に使う機能を割り当てることには向いていません。

安心保証

Logicoolの超合理的サポート体制は結構有名なようですが、私も実際に体験しました。

この機種では機構が複雑なためなのか、初代モデルからのべ4台使ってきたうち、保証期間内に2回故障しました。サポートに連絡(メール)すると、症状の確認と対処法が示され、改善されないなら保証書(なければ領収書でもいい)をコピーして返信してくれとのこと。数日後には新品が届けられました。

壊れたものは送り返す必要はなく、そのまま処分していいそうで、そんなにお客を信じちゃって大丈夫なのかと心配になりますが、この割り切りっぷりで私はファンになりました。マウスは消耗品と考えて「使用権を買っている」つもりで運用するのが正解です。

まとめ

Excelだけでなく、エクスプローラーやブラウザにもそれぞれにアサインを設定できます。高速スクロールはショッピングサイト系の縦にやたら長いページを見るときに大変便利です。ぜひその操作性を体感してください。

お値段はローエンドが10個買えるくらいはしますので、実際に販売店でさわってみてから購入しましょう。

世の企業はえてして無頓着ですが、PC作業がメインのIT系はもちろんですが、PCがあまり利益を生まない業種こそ、インターフェイスであるマウス、キーボードはいいものを使ってどんどん効率化すべきだと思いますね。

related pages
Power Automate DesktopでExcelの表データを扱う
Excelデータの取得とFor~eachを使った繰り返し。

デスクトップレコーダーは簡単に利用できますが、人間が操作した作業を自動記録するだけです。これは劇的な業務効率化をなしとげるには必要不可欠な繰り返し・条件分岐といったロジックを組み込むことはできないということを意味します。そこで今回はフローを直接編集することで繰り返し処理を組み込んでみます。

Read More ...
Power Automate DesktopでAIが人類を支配する時代にまた一歩近づく
Microsoft純正RPAツールがついに無償公開されてしまう!

Power Automate Desktopのお手軽で強力な機能がデスクトップレコーダーでしょう。まんま名前の通りですが、あなたがPCで操作した内容をそのまま記録しておくことができます。次に同じ操作が必要になったのなら再生ボタンを押すだけであとはPower Automate Desktopが代わりにやってくれます。

Read More ...
複数行を条件にしたがいまとめる
重複しているデータを行ごと統合します。

データベースでいうところの主キーが重複して存在するテーブルライクなExcelシートのデータを、主キー制約に違反しない形へ条件にしたがいまとめて別シートへ書き出すという処理を作ります。

Read More ...
この記事の
作成日

2019-11-30

更新日

2019-12-01

ページ内検索
目次
WEB MASTER
さいた
神エクセル撲滅協会理事(自称)
さいたま市民 埼玉こそ地上の楽園